MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. 1000人コーチング /
  3. 1000人コーチング:10/1000

1000人コーチング

1000人コーチング:10/1000

1000人コーチング:10/1000

1000人コーチング:1000分の10

本日は1000分の10のコーチングを実践させていただきました。

以前一度お会いしたことがあったのですが、今回は1年ぶりの再会

となりましたが、状況が変わっていたので驚きつつお話をお伺いしました。

 

曖昧なまま進む怖さ

今回お話を伺ったのは25歳男性の会社員の方。

以前お会いした時はSEをされていたのですが、

今回お会いした際には全く違う職種に転職を

されていてびっくりしました。(接客業)

 

何故全く違う職に就いたのか?ということに対する

答えは持たれていらっしゃいましたが、気になった言葉は、

『とりあえず3年』という言葉。

 

この『とりあえず3年』っていう言葉は、

一見するととても便利に使えますが、非常に怖い言葉です。

“とりあえず”で“3年間”もの月日を費やしてしまうわけです。

 

確かに、物事である一定以上のパフォーマンスを出すために

必要な習得期間はあると思います。とはいえ、それも

あくまで一般的な話。通説としてうまく丸め込むような

言葉でもあります。

 

人によってはその習得を1年で終える人もいれば、

2年で終える人もいる。もしかしたら、もっとかかる人もいるかもしれません。

 

その3年で何を手にするのか

3年間というのは、非常に長く、大きな時間です。

新卒に入った会社にはとりあえず3年働けよ。

みたいなフレーズをそこかしこで聞くと思いますが、

その3年間がどれほど重要か?

 

言葉を発するほうもそうですし、

受け取るほうもその重要性を理解している人は

ほとんどいないように思います。

 

重要なのはその3年間で

『何をつかむのか』

『何を手にするのか』

を明確にしたうえで時間を過ごすことです。

 

やりながら目的を持つ、強める。

もし今その目的を持っていないとしたら、

持つことを強くおススメします。

ないままに過ごすことが最も時間を無駄にするので、

今すぐにでも持つことです。

 

もしそれが持てないというのであれば、

今取り組んでいることをやらない、やめるというのも

一つの選択だと思います。

 

ただ、一つでも何かしら学ぶことがある。

得るもの、得たいものがあるのだとしたら、

そのポイントを強化して、自分の強くやる理由にするとよいでしょう。

 

今見えてないのであれば、見えるまでとことんやってみる。

今の仕事が好きでないのなら、好きな所をみつけて

好きになるまでやってみる。

 

ゴールを決めるのが先

これまで10名の方にお話をお伺いする機会を

いただきましたが、総じて皆様に言えるのは、

『ゴールを決めていない』ということです。

 

ゴールのないマラソンって、厳しくないですか?

そもそもそんなレースはないと思うのですが、

もしあったとしら、不安でしかないですよね(;^_^A

いくら青学のメンバーや大迫選手でも、

ゴールがなければスタートも切れないし、

走りきることも出来ないでしょう。

 

ゴールを決めないことの多くは、

「たられば病」です。

・お金があったら

・時間があったら

・スキルがあったら

etc

 

まずはその「たられば病」を横に置いて、

先にゴールを決めましょう。ゴールを決めれば、

そこにたどり着く為に必要な要素も明確になります。

あなたが今学んでいること、やっていることは本当に必要ですか??

Go for it!(^O^)/

 

1000人コーチングについての記事はこちら

関連記事