MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. 1000人コーチング /
  3. 1000人コーチング:15/1000

1000人コーチング

1000人コーチング:15/1000

1000人コーチング:15/1000

1000人コーチング:1000分の15

本日は15人目のコーチングを実践させていただきました。

今回はおおよそ数年ぶりの友人からの紹介!

ちょっと予想外の展開もありましたが、今回も嬉しい感想をいただきました!

 

周りの意見を尊重する

人が意思決定を下すときには必ずその人の価値観が出ます。

就職するとき、転職するとき、起業するとき、独立するとき。

結婚するとき、別れるとき。など。

 

その意思決定には人それぞれの背景があり、

価値観が反映されています。気付いているいないに

関わらず、振り返ってみるといかがでしょうか??

 

共通している何かがある

大概そうしたケースの場合、共通している何かがあります

・〇〇さんだったから=人基準

・成長出来ると思ったから

・お金が稼げそうだったから

・周りの意見に流される

 

自覚が重要

自覚をすることが最も難しいとお思います。

 『知る→わかる→出来る→教える』 

物事が進むプロセスはこの順番で進んでいきます。

 

まず知らなければ何も始まりません。

それを理解したうえで、実践にうつし、行動をすることで

理解度が深まり、わかる→出来るになってきます。

 

とにもかくにも自覚、知ることがファーストステップです。

 

枠があることを認識する

知らない間に僕らは自分の中に枠を作ってしまいます。

お金がない、時間がない、自信がない。など。

過去の経験から、出来ないと思いこんだり。

仕方ない、しょうがない。

 

そうした枠は知らない間に入ってしまいます。

僕もそうですが、気付かない間に入ります。

それが怖いんですよね。だからこそ自覚が大事になります。

 

自覚さえできれば、次に進める

自覚さえできれば、後は次に進むだけ。

「どうしたいのか?」を自分に問いかけるだけ。

自覚をしてない状態でこの質問を自分にしても、

「わからない」というのが関の山。

 

まずは自覚してから自分に問いただすようにしましょう。

そうすれば必ず答えは出てきます。

諦めずに、自分と向き合っていきましょう!

Go for it!(^O^)/

 

1000人コーチングについての記事はこちら

関連記事