MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. 1000人コーチング /
  3. 1000人コーチング:3/1000

1000人コーチング

1000人コーチング:3/1000

1000人コーチング:3/1000

1000人コーチング:1000分の3

本日は1000分の3のコーチングを実践させていただきました。

お相手は先日Schooをご受講いただいた、Uさん。

大手企業で働くならではのお話を聞かせていただきました。

 

自信がない

一般的に人が自信を無くしてしまうときは、

 ・やろうと思ったことができなかった時  

だと思います。

 

本当は言いたかった

本当はやりたかった

本当は行きたかった

 

など、心の中で思っていることと、

行動が一致していない状態、 『言行不一致』 

してしまうと、人は自信を失います。

 

理想からのギャップを埋める

Uさんはずっとエンジニアとしてのキャリアを

積んでこられた方。

勤勉で、まじめで、出来ないことに向き合って、

それを解決するために勉強を仕事以外でもされていました。

 

ただ、それら自分の中にあるものを表現するためには、

『どうなりたいか?』の理想が必要です。そして

それを実現するために『準備』が必要です。

 

感情に流されてしまうのが人であり、

無意識に反応してしまうのが人間です。

入念な準備と段取りをすることで、

何をするかが明確になります。

 

最悪なパターンを想定しておくだけでも、

ずっと安心感を持ってチャレンジできます。

最悪、何をやっても死にはしません(笑)

 

人間関係においても、相手は自分が思うほど

人のことは気にしていません。

僕もお話しを聞いている中で、自分にもあるなぁと。

しみじみ聞いていました^^

 

都合の良い解釈と、開き直りの精神。

それらを持ち合わせて、実践していただければと思いました!

Go for it!(^O^)/

 

1000人コーチングについての記事はこちら

関連記事