MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. 1000人コーチング /
  3. 1000人コーチング:8/1000

1000人コーチング

1000人コーチング:8/1000

1000人コーチング:8/1000

1000人コーチング:1000分の8

本日は1000分の8のコーチングを実践させていただきました。

お相手は僕と年齢の近い会社員の方(男性)

Schooでご受講を頂いていたとのことで、ありがとうございます!

 

ビジョンが見えてこない

30代も中盤になってくると、よりリアルになってくるのが、

『将来への不安』だと思います。特に、

・お金と結婚

この二つが表面化してくるこないに関わらず、意識のどこか、

頭と心の片隅によぎるはずです。

 

会社内を見れば、5年後の自分、10年後の自分は

すぐ隣、もしくははす向かいあたりの席に座っている上司です。

年収は直接的にわからないにしても、暮らしぶりや、

日々毎日を楽しんでいるかどうか?は一目見て分かります。

 

どちらに行きたいのか?

物事を決めていくのは常に二択しかありません。

・行く、行かない

・言う、言わない

・転職する、しない

・買う、買わない

 

いずれにせよ意思決定をした段階で、

もう一方の選択と決断はなくなります。

 

一度決めたことがある人は何度でも決められる

多くの場合、僕も含めてですが、やはり

失敗を「怖い」と認識してしまうことがあります。

そうなると、一歩を踏み出していくことが大変になります。

そして、一度行動することをやめてしまうと、

どんどんその「恐怖」が強化されてしまいます。

 

ただ、大事なことは、  『一度決めたことがある人は、何度でも決められるということ』 です。

その感覚を取り戻す方法としては、

その当時決めた時のシチュエーションを思い出してみること』です。

 

決断をするまでには”プロセス”があるはずです。

そのプロセスを紐解いていき、自分にとって

必要な情報を集めていきましょう。

 

やれば出来ると信じる、出来るまでやる

僕も非常に気持ちがわかるのですが、

頭でっかちになってしまうと本当に大変です(;^_^A

「知ってる」ことばかりが増えてしまい、

「出来ること」は一向に増えません。

 

なので、現実が何も変わりません(笑)

そして何をやっても無駄だ(実際には何もしてないんだけど)と思うようになり、

余計に足腰が重くなってしまい、もはやお地蔵さんになります。

 

ただ、そんな時でも人には

「自分を動かす力」があります。

 

それは人によって悔しさかもしれないし、

危機感かもしれないです。もしかしたら、

大切な人との別れだったりするかもしれないです。

 

何がきっかけになるかはわからないですが、

自分で自分の中にある火種に火をつけることが出来たら?

それが最も強いですよね。

Go for it!(^O^)/

 

1000人コーチングについての記事はこちら

関連記事