MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. PICKUP /
  3. 独立前のお金の話

お金・ビジネスセンス

独立前のお金の話

独立前のお金の話

これから独立しよう、起業しよう。

あなたがそう考えた時、まず考えなければ

いけないのが、『お金』の話です。

 

これはサービスを提供する時の『価格』

だけではなく、事業を回す為の『運転資金』

『資本金』の話です。起業や独立したての

当初は収益が安定しない事の方がほとんどです。

 

副業時代から丁寧に、安定した収益を

あげてからスタート!というのもありだとは

思います。(僕もそうしました)とは言え、

会社員をやりながらというのも限界はあります。

 

どこかのタイミングで本業にすると決める

必要があります。そうなった時、一体いくら位

自己資金があればよいのか?あなたは想像が

出来ますか?

 

一般的には、半年間は収益があがらなくても

大丈夫なくらいの預貯金があると良いと

言われています。独立すると思ったよりも

多くのお金って出ていくんですよね。

 

一番大きいのは固定費です。家賃や通信費。

そして税金ですね。どんな業種をやるかにも

よりますが、その3つは絶対にかかります。

後は接待交際費や新聞図書費なんかもかかりますね。

 

こうした経費なども開業前に知っておくべき

ことだと思います。僕は正直始める前はほとんど

興味なかったので、結構始めてから大変でした。

 

昨日、起業、独立希望者向けの財務セミナー

に行ってきたのですが、お金を借りるということ

も選択肢としてはありだったなと。それを

会社員時代にやっておくと。(笑)

 

会社員というのはそれだけで『信用』がかなり

担保されるので、個人事業主や法人になる前に

そのメリットを最大限生かした方が良いと、

僕は思います。なぜなら僕はそれを活かしきれなかったから(;^_^A

 

特に家を借りるのも結構大変です。

ローンを仮に後から組もうと思っても、

相当大変です。なので、会社員時代にある程度

その信用を借りて資金繰りをしておくとよいでしょう。

 

もちろん、借りずに副業からコツコツやって、

本業でも貯金しておくのが良いとは思いますけどね。

でも僕は借金を否定する方ではないので、必要に

応じてはお金の力で事業を拡大することはできます。

 

お金は信用力のバロメーター。稼いでいる人は

当然それだけ徳を積み、信用を勝ち取る

行動をしています。そっちも早いうちからやれて

おくとよいですね^^

 

僕のline@で個人事業主を始める前に

読んでおいた方が良い、資金、財務系の

オススメ本なんかも解説付きで紹介しています。

もし興味があればこのタイミングで登録

してみてくださいね。誰でも無料です^^

 

Only Go Forward

小松稔

友だち追加

※今ならご登録いただくと限定で、

『あなた何をやってもうまくいく唯一無二の

絶対法則』を音声でプレゼントしています^^

ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

 


関連記事