MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. PICKUP /
  3. 心の在り方を言語化するシリーズ②~仕事~

コーチング・生き方

心の在り方を言語化するシリーズ②~仕事~

心の在り方を言語化するシリーズ②~仕事~

【在り方を言語化するシリーズ②~仕事の在り方~】

 
前回同様、在り方を言語化するということで、
今回は『仕事』っていうことに対しての在り方を
自分の中で言語化してみます。
 
殆どの人が仕事って毎日やってると思うんですよね。
どんな形にせよ、その自分の命っていう貴重な時間を
ほぼほぼ使う仕事に対して、どんな在り方を
が理想かなと思った時に。
 
やっぱり『美しい仕事』と『スピード』っていうもの
を意識してもっと高めたいなと思っていて。全然抽象度は高いのですが。
 
やっぱり相手がいての仕事だから、誰が見ても理解できる
ものだったりとか、資料とか作るものとかあったりするんですけど。
そういうものもなんかこう、すぐに意思疎通ができることが
いいかなと思っていて。
 
仕事ってやっぱ人によって広義なので、どう定義するかって
すごくあると思うんですよね。
 
数字の話も必要だし、そこにこだわることとかもそうだし。
数字もただの数字じゃなくて、その裏にはやっぱり人の様々な
思考や感情がめちゃくちゃ複雑に絡まってるし。
 
なんか血の通った数字というのかな。サービスを提供する人もそうだし、
受ける人にも色んな思いをがあって。そこにたくさんの人が
表現されているのが数字何じゃないかなと。
 
なので『美しい仕事』って何なのって話になると、やっぱりなんかの数字への
こだわりとか。その裏にある感情や思いに思考を張り巡らされると
もっと面白く、楽しくなるんじゃないかなと思います。
 
例えばですけど、売り上げが0ってヤバいじゃないですか?
それは結果なのでプロセスとは別の話ですけど、でもこの
『0』というのはお客様のメッセージであり、感情であり、思考が
表現されていると思うんですよね。
 
どうして0なのって言えば、やっぱり何か納得がいかないから
購入しないんだろうし。商品やサービスの良さが伝わってないとか。
そもそも信頼していないとか。意思表示だと思うんですよね。
 
それをどう読み解く、紐解いて検証して改善していくか。
もっと喜んでもらうためにはどうすればいいのか?
と考えていると仕事も楽しくなると思います。
 
スピードにしても早い方が良いに決まってると
思っています。いつまでにやるのか?その期日を
サラっと前倒して終わることが出来たら?
受け手側も喜びますよね。
 
それに、そもそも期日を守れない仕事なんて
仕事じゃなくて趣味ですよね。(笑)
 
突き詰めていくと『プロフェッショナリズム』や『職人肌
と表現できるかもしれません。
 
僕が好きな人に原田隆史さんという著名な指導者の
方がいるのですが、その方が表現していることがまさに
ドンピシャだなと思っていて。
 

【仕事と思うな、人生と思え】

 
究極的には仕事には生き方が反映されると
思います。自分という人間が、人生を
生きることが仕事だとしたら?
 
果たしてどんな基準でやるのか。僕はもっと
美しい仕事を出来るよう、毎日PDCAを回して
いきます!
 
※長文駄文を最後まで読んでいただきありがとうございます。
何かしらハッとする気付きを得てもらえれば幸いです^^
 
※告知!夏の法人化に向けて『創業メンバーガチ募集!』
こうした想いを共にして自分の人生を
チャレンジする人、したい人を募集してます!
 
我こそはも、お知り合いの方でもいいので
興味がある、心当たりがある人がいれば直接メッセージ
頂けると嬉しいです^^
(HPのお問い合わせからお願いいたします)
 
もちろんご紹介いただいた方にはお礼もさせていただきます!
 

※『30歳からのリーダーシップメルマガ』

そろそろリーダーというポジションを取り始めませんか?
もしくは今リーダーとして抱えている課題を解決したいと思いませんか?
30歳からのリーダーが知っておいた方が良い事。
リーダーシップをとる前と後でやっておいた方が良い事。
陥りがちな罠やその解決策などをメルマガで
配信しています。
 
今ならだれでも無料で登録できるのでこの機会にぜひ
登録されてみてくださいね^^
★今ならご登録時にご生年月日を入力してもらえると
限定で『リーダー適正診断書(3万円相当』を無料プレゼント中!
 
登録は→こちら

 

『人』から『人』へ、感動、勇気、想いをつなぐ

小松稔

関連記事