MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. マーケティング・ブランディング /
  3. 日常に学ぶマーケティング戦略

マーケティング・ブランディング

日常に学ぶマーケティング戦略

日常に学ぶマーケティング戦略

日常に学ぶマーケティング戦略

今日は少しだけマーケティング戦略に

ついてふれたいなと思います!

今日は日常の中でマーケティングセンスを

磨くためのエッセンスをいくつかお伝えします^^

 

コンビニは最強のマーケット

あなたは1日何回コンビニにいきますか?

それとも週に何回位コンビニに行きますか?

コンビニは日本で最もマーケティングに優れていると

個人的には思っているのですが、それはなぜか?

 

まず第一に、「多種多様な人が訪れる」ことです。

最近は日本人だけではなく、外国人も沢山

日本に来ているので、お客さまの層がバラエティに

富み過ぎているくらいじゃないのかなと思います(笑)

 

なので、コンビニで見られるマーケティング戦略

を吸収出来れば、世の中の流れがかなり

理解度が深まると思っています。例えば飲食物

が最も顕著に出ると思っています。

 

お菓子、飲み物、パン、おにぎり、お惣菜。

もう商品が多すぎて、何が何だか分からないですよね(;^_^A

その中でも定番の商品があったり、新商品があったり、

期間限定商品があったりと、多種多様すぎる(笑)

 

かつ、今マーケットデータを最も吸い上げることに

貢献しているのが、あなたも少なからず1枚、

女性なら沢山持っているかも!?

ポイントカードシステムです!!

 

これがあることにより、現代人の好み、趣味嗜好、

好き嫌いやトレンドなどが一発で分かってしまいます。

ご存知かどうかわからないのですが、ポイントカードに

登録されているデータと購入した商品履歴すべてが

ビッグデータとして蓄積されています。

 

例えば僕だったら、

・30代男性

・○○区在住

・いつも使っている時間帯

・購入商品点数

・購入した品の割合

など、それらが全てデータ化されています。

 

つまり、あなたと同様のライフスタイルをしている人

とか、同じ地域に住んでいる、働いている人、男女、

そうした「個人情報」が実は蓄積されているんですね。

 

僕は大概セブンイレブンで買い物をするときは、

ほぼ同じ水を毎回買っています。時たま期間限定とか、

数量限定の品が出たりすると浮気します(笑)

食べ物に至っては同じものを買うことはほとんどないです。

雑誌などもコンビニで買うことはありません。

 

怖いですよね(笑) あなたが思っているよりも

あなたの趣味嗜好は筒抜けです。特にコンビニは

それが顕著に出ているので、よく観察すると

前々地域によって品ぞろえも違うし、陳列の方法も違います。

 

ぜひあなたがいつも通っている、立ち寄っている

コンビニを客観的に見てください^^

実はコンビニって、本当に非常に計算しつくされている

からこそ、あれだけ拡大出来るんですよね。

 

今でもコンビニは増えている、拡大しているということは、

そこには理由があります。当然コンビニであれば、「売り上げ

が上がっていることが条件ですよね?

 

ではなぜ、どうすれば売り上げがあがるのか?

そこをオーナー視点、店長目線、SV視点とか。

自分よりも少し高い視点で見ることをおススメします。

 

広告なども常に「仕掛ける側」と「仕掛けられる側

の二極に分かれます。今あなたが置かれている状況を

客観的にとらえてみて、相手の視点に立つ努力をしてみてくださいね^^

 

 


関連記事