MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. マーケティング・ブランディング /
  3. 見込み客の心理を知る方法

マーケティング・ブランディング

見込み客の心理を知る方法

見込み客の心理を知る方法

見込み客の心理を知ることは、

あなたが自分のビジネスを作り上げるうえで

最も重要な要素の一つです。

 

一体全体、あなたがターゲットする

顧客が何を欲しているのか?何を求めているのか?

その欲求を深層心理の部分から理解することが

必要です。このことは多くの書籍、セミナー

などでノウハウとして共有されています。

 

まずその前提概念を簡単にお伝えし、

どうしてそれが身につかないのか?

そしてどうすれば身につくのか?を

お伝えします。

 

人は感情でモノを買う

これはあまりにも有名な話。表面の話

だけすれば、人は購買によって得られる

ベネフィット(利益)が欲しい分けです。

 

有名な話ですが、穴をあける為のドリルが欲しい見込み客がいます。

この見込み客は決してドリルが欲しい分けではありません。

その穴をあける時間を短縮することができ、

より早く日曜大工を終わらせ、家族からの尊敬の目を

集めたいのかもしれない。『スゴイパパ!』

といって欲しいのかもしれない。

 

もしくは、寸分違わない穴をあけることによって

出来る『完璧』な日曜大工を成し遂げた

自分自身に<酔いしれたい>だけかもしれない。

といった具合に、人の意思決定は最終的に『感情』

で決まります。

 

ではなぜこの分かっている『人は感情でモノを買う』

という定説があなたに身につかないのか?

それはあなた自身が購買をする際、

感情を認識せず、反射的に行動している』からです。

 

あなた自身の購買の際にどれだけ意思決定の

根底にある感情にフォーカスを出来ているかどうか?

感情は非常に強力なので購入前に意識付けを

するのは難しいです。

 

なので、この自分の感情を理解する為には、

後から自分の感情に目を向けてみる習慣をつけましょう。

何故その購入に至ったのか?

何故その意思決定をしたのか?

 

それを意識してみてください^^

見込み客に直接リサーチが

出来ればそれがもっとも生産性が高いですが、

まずはあなた自身の感情から理解しましょう。

 

ちなみにですが、僕のline@では、この

人の感情をより細かく分類した

データをお伝えしていきます^^

 

人には根源的感情がありますので、それを

明確に意識しておくだけで、自分だけではなく

人とのコミュニケーションの幅も広がりますよ。

ぜひトライしてみてくださいね^^

 

 

Only Go Forward

小松稔

友だち追加

※今ならご登録いただくと限定で、

『あなた何をやってもうまくいく唯一無二の

絶対法則』を音声でプレゼントしています^^

ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

 

ビジネス構築、事業構築、

あなたがもし本気で自分で自分の

人生を作りたいと思うならこちらから

お問い合わせください→こちら


関連記事