MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. Blog /
  3. 西野亮廣さんの新世界を読んだ感想

Blog

西野亮廣さんの新世界を読んだ感想

西野亮廣さんの新世界を読んだ感想

最近何かとビジネスの世界でも話題に

なっている西野亮廣さん。今回彼が

書いたビジネス書?である「新世界」を

読んでみました。

 

欲しいなと、読みたいなと思っていてまだ

買ってなかったのですが、そこに突然の朗報!

なんと中身を全部無料で公開すると発表!!

そんなことありますか?(笑)

買った人、どうなっちゃうんですかね?(笑)

 

まあ何で無料公開することにしたのか、

その辺の意図もリンクも彼のブログに書いてありますので

読んでみてください。無料公開ページへのリンクも

ここにあります。→西野さんのアメブロ

 

世の中の流れを知ることの重要性

新世界という表現も面白いなぁと思います。

どことなくワンピースを想像もさせますが、まさに

その航海を乗りこなしていく為には「海の状況=世の中」

を知ることが欠かせません。

 

目の前の海が大しけで物凄い波がたっている

のに何も準備しないまま行くとすぐ沈没します(笑)

それを本書では『お金』という切り口を使って

描写してくれています。非常に分かりやすい!

 

絶対に知っておくべき事柄なのにお金という

ことについて学んだり考えたりする機会は

今の学校教育ではありません。社会に出てもありません。

親も友人も教えてくれません。

 

だからこそ、この流れを知って理解して、

乗りこなせている一部の人が今は上手く行ってるんだと

思います。

 

全ての人が自分の船をこぐ時代に

とは言え、もう僕ら一個人が自分の船を

自分で漕がなければいけない時代に突入しています。

働き方も確実に転換期を迎えています。

 

良い学校、良い企業に入れば上手くいった

時代は終わりました。

資格を持てば一生安泰の時代も終わりました。

 

昔はそれで良かったですよね。一流企業に

入る為に良い大学に行く。もしく一生

くいっぱぐれ内容に安定した資格を持つ、取る。

公務員になる。など。

 

変革の時に分かれる弱者と強者

こうした流れが強ければ強いほど、激流で

あればあるほど、上手く乗りこなせる人はより

早く遠くへ、自分の行きたい所へ行けます。

 

しかし、それを乗りこなせる力がない人は

物凄い勢いで取り残されて生き、過去にしがみつき、

より不自由を感じることになります。

 

そうした弱者、頑張っているけど報われていない人

に対するメッセージがこの本の伝えたい事だと感じました。

 

興味がない人ほど読んで欲しい

・世の中の流れなんて興味ない

・私は資格を持ってるから安心

・公務員Or大企業に勤めてるから俺、私は大丈夫

・結婚して幸せな家庭が築ければ幸せ

 

こうした考えを持っている、言葉は悪いけど

『平和ボケ』しちゃってる人ほど読んだ方が良いと思います。

今回改めて僕も平和ボケしてるなと認識された

ことが多々ありました。

 

一番考えさせられたのは実際に『行動してるか』

どうか?という所につきます。どんなに知識や

情報があってもそれを活用しているかどうか。

自分が目指すべき在り方に向けてどれだけ

チャレンジ出来たかなと。2018年を振り返って思いました。

 

1歩踏み出す勇気を持つこと

最後の締めくくりの言葉で彼が

強く読者の背中を押してくれています。

ただ成功した、上手く行った人の言葉という

よりは、本書でも書かれている通り。

 

読者に近い立場。同じ経験を積んできた

友人、仲間としてのメッセージと感じられる。

そんなような読了感を得られました。

 

ぜひ読んでみてください^^

 

 


関連記事