MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. PICKUP /
  3. 舌は心のペンである

コミュニケーション・セールス

舌は心のペンである

舌は心のペンである

『舌は心のペンである』

というユダヤの言葉があるそうです。

このフレーズをこの本で見つけた時、

その『言葉』の表現する世界観に

スゴイ興味がわきました。

 

舌は心のペンという表現なんて

初めて聞いたので、そりゃ聞きたいですか?

と聞かれたら『Yes』となりますよね^^

 

つまり、あなたが話すことはあなたの心

を表しているので、コミュニケーション

や交渉においてはとにかく【聞き役】で

あることが大前提ですと。

 

しかし、僕らがイメージしている『聞き役』と

いうレベルとは少し違っていました。

もちろんあなたも、会話においては

話す<聞く 方が重要だというのは理解

しているはずですよね?(少なくとも聞いたことは

あるはずだと思います)

 

特に日本人が聞き役に徹する中で、うまくいかない

ポイント3つ紹介してあったので、お伝えしますね。

ここをへの理解を深められるようあなたが

普段会話するシーンを思い描いてみてくださいね^^

 

1.分からないことをそのままにしない

ユダヤの言葉に『道順を10回聞いた方が1回道に迷うよりまし

という言葉あるそうです。日本にも

百聞は一見に如かずという言葉がありますよね。

日本人はとかく「分からないことを分からないまま

にしがちだと思います。

 

僕自身も良くやってしまう(傾向性があるのは認めています)

のですが、全体の調和を考えてしまったり、間違えたこと

言ったらどうしようという、完璧主義、減点主義

が染みついているので、分からないことを

質問せずそのままにしてしまうことががあります。

 

あなたの普段の会話やミーティングとかで

そういうシーンありませんか?昨日もちょっとした

人が集まる場所に行ったのですが、最後の質疑応答で

『質問はどなたかありますか?』と言っても皆が

周りを見渡して、全体をけん制するかのように

なかなか誰も質問をしない始末。

 

んで、数秒たった辺りで一人の男性が

意を決したのか、じゃあ、みたいな感じで手を上げる。

よくある光景ですよね(^^)

別いそれが悪いとは言わないですが、『損』を

している可能性は当然あります。(これは3つ目のポイント

にも当てはまります)

 

2.価値観や意見の相違を受け入れる

要は、『聞く耳を持つ』ということです。

日本人は権力を重視する傾向にあるので、自分より

力の強い人(職位など)の意見が通りやすいと思います。

もしあなたが上司という立場であれば、ぜひ

部下の気持ちや立場を理解することに務めてください。

 

あなたもかつては部下であり、上司に対して

様々な思いを持っていたはずです。もし今現在

上司がいるのであれば、上司はちょっとだけ

ストレスを感じているのかもしれませんね^^

 

3.思っているだけでは伝わらない。

日本人は非常に優れた能力を持っています。

それは『察する』という能力です。何となく

全体の場に流れる<空気>を読んで、

全体最適を目指そうとします。

 

ただ、これは1と共通していて、

相手が何を感じているか、思っているを

100%理解することは非常に難しいことです。

なので、最低限、分からないことは

分からないと伝えること。

 

少しでも自分が思っていることや感じている

ことをまず相手に意思表示をすることを

トライしてみて欲しいと思います。

 

もちろん、相手もある程度は顔色を

見てくれて(よっぽど自分本位の人でなければ)、

不安そうな顔をしていれば『大丈夫?』とか

聞き返してくれることもあると思います。

 

ただ、重要な場面でそんなことを

相手に期待するのは難しいですよね?

こちらから結果を作り出しに行かないと、

特に交渉事では負けてしまいます。

 

3000人にYesと言わせた技術というよりも、

非常に日常においても大切なコミュニケーションの

本質を思い返すことが出来ました。

 

分かっていても人は出来ないのは前提です。

僕もまず、今日1日分からないことは

とにかく聞いてみること、わからないということ

をコミットします^^

 

 

Only Go Forward

小松稔

 

★好評配信中

Line@やってます。

・ビジネスマインド

・成功法則

・心理学

・セールス、マーケティング、ブランディング

・コーチング

・人間関係

・お金

など、あなたのライフスタイルを豊かにする

エッセンスを盛り込んだメールを「不定期」でお届けします。

ご希望の方はこちらより

友だち追加

 

ビジネス構築、事業構築、

あなたがもし本気で自分で自分の

人生を作りたいと思うならこちらから

お問い合わせください→こちら


関連記事