MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. 独立、起業 /
  3. リクルートのDNA~課題図書Vol.10~

独立、起業

リクルートのDNA~課題図書Vol.10~

リクルートのDNA~課題図書Vol.10~

a

今や日本を代表する内資系企業。

知らない人はいないであろうリクルート。

人材のみならず、非常に多岐に渡り

事業を展開している企業ですよね^^

 

こんなこともリクルートがやってるの?!

っていうのって、結構日常の中にあったりします。

(詳しくは割愛します。多すぎるし把握しきれてない(笑))

 

そんなリクルートのDNAとは何なのか?

 

今回久しぶりに読み直したのですが、今回僕が

最も刺さったポイントは「マネージャーに送る十章

その中から二つ紹介します。

 

1.ネットワークで仕事をすること

とかく人は「自分一人」で仕事をしがち。

自分でやることがかっこいい。

自分で出来る方が仕事が出来る。

自分の手柄にしたい。自分が認められたい。

 

と言った欲求が前に出ると、何とか

自分一人でやろうとしがちになりますよね。

これ、本当に意識してないとそうなるんですが、

江副さんがおっしゃるのは、経営者、起業家たるもの

 

【自分の弱みを知り、その弱みをカバーできる人と働き、共に高い成果を目指す】

 

ことがもっとも重要だとおっしゃってます。

そりゃそうですよね。自分一人の関係ないエゴだったり、

プライドだったりに固執してしまい、結果的

アウトプットの質が下がってしまうと。

 

とにかく自力よりも他力、他力よりも場力を使う事。

を意識すると、もっと楽出来るし、もっと効率よく出来るし、

もっと成果が出せるモノ。自分一人で出来る事なんて

たかが知れてますからね。リーダーとして自分を

知ることが最も大事だなと思います。

 

2.危機的状況の時にこそイノベーションが生まれる

個人、特に起業家やフリーランスは危機的状況、

困難に直面することが多々あります。それこそ

毎日、日々その連続ですよね(笑)

 

そうした状況を打破しようとした時にこそ、

普段出ない発想が生まれたり、思ってもない所から

お声がかかったりもするわけです。

 

普通、目の前に壁が立ちはだかると

そこで人は立ち止まってしまいますよね。

出来るなら回り道して回避したい。

元にた場所に戻りたい。その方が楽だし。

 

ただ、そうしているときには結果は一切変わりません

成長もありません。何の変化もない今まで通りの人生です。

そうやって何も変わらない選択をし続けた人生の

つまらないことつまらないこと!!

 

僕も数年前と比較して、成長したなと思う部分が

ある反面、もっとやれたなとか。まだまだ全力

出し切れず逃げてたなっていう時がやっぱりあります。

もちろん人間だから、あってもいいと思います。

 

ただ、目指すべき未来、理想の生き方は得てしてその

壁の「向こう側」にしかないものです。

だから、ピンチやスランプに陥った時こそ、同時に

チャンスも訪れているという事を意識して欲しいなと^^

 

僕も今現在、自分に言い聞かせてます。(笑)

結果的に最近スランプ気味に陥っていたので、

とにかく脱出する為に基本に立ち返ってやりたいなと。

 

この逆境をはねのけた時に見える

世界観が楽しみです!!!

 

Only Go Forward

小松稔

 

メールマガジンやってます。

・ビジネスマインド

・成功法則

・心理学

・セールス、マーケティング、ブランディング

・コーチング

・人間関係

・お金

など、あなたのライフスタイルを豊かにする

エッセンスを盛り込んだメールを「日刊」でお届けします。

ご希望の方はこちらより


関連記事