MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. PICKUP /
  3. 伝えることの難しさ

コミュニケーション・セールス

伝えることの難しさ

伝えることの難しさ

 

起業家のみならず、人として、相手と

コミュニケーションをとることで最も

難しいのは「伝えること」ですよね。

 

コミュニケーションを円滑にするために

本質として必要になるのが、

 

「相手の利益になる」

「相手の知りたい事、聞きたい事」

「相手の話したい事」

 

上記のようなFor youの精神です。

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に「For you」と表現してしまえば

一言で終わってしまうのですが、その一言で

終わるとしたらこんなに難しく感じないですよね^^

 

 

ちょっとだけそこを解決するエッセンスを

僕の体験と経験を通じて少しご紹介出来ればと思います、

 

 

・結局人間自分が一番

 

 

For youと言っておきながらいきなり本末転倒チックなのですが、

まさにこれ。ここを分かっているかどうかは相当重要です。

それはなぜか?

 

 

「相手も自分が一番と思っている事を理解する」

 

ためです。要は、今のあなたがほとんどの場面でやっている

コミュニケーションは、バチバチの殴り合い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれがそれぞれの利益の為に相手を

操ろう、打ち負かそうみたいな勝ち負けの勝負を

しているような感覚です。

 

つまり、相手も自分の為に勝ちに来ようとしている

と言う事を「理解」しておくことです。

 

これを理解しておくことが、結果的にあなたが

勝つことにつながります。(本来勝ち負けではないですが

分かりやすく表現しています)

 

イメージしてもらえるとわかるのですが、あなたは

闘牛士、マタドールのような感覚ですね。

 

猛牛のように突っ込んでくる相手をかわしながら、

相手が気持ちよく突っ込んで来られるようにすればいいんですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大抵の場合は、闘牛じゃなく、ボクシングやフェンシング。

剣道や空手など、相手を負かすことが自分の勝ちですよね?

 

 

ただ、人間のコミュニケーションは、

 

 

「相手を勝たせること」

 

 

がゴール、目的になります。

あなたが提供しているサービスも、これからやろうと

思っている起業のネタや持っているスキルも、

 

相手を勝たせるためにやる行為ですよね?

なので、結果的にFor youになり、自分に返ってきます。

 

なかなか「相手の為」と一口に言われても分からないですよね。

僕も毎度のことながら自分の言いたい事だけを言いたい時に

言うケースが多くあります。

 

そういう時って本当に、うまくいかないんですよね(;^_^A

しかもほとんどの場合、相手も自分の事を考えているので、

こちらのコミュニケーションを指摘してくれることはないです。

 

つまり、

 

 

「結局いつまでのコミュニケーションが下手なまま終わる」

 

 

ってしまうんですよね。

 

 

言ってもらえないなら自分で気づくしかないので、

少しだけ客観的になり、相手も自分が一番だと

思っていることを理解しながらコミュニケーションを

楽しんでみてくださいね♪

 

関連記事