MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. 独立、起業 /
  3. 知ったかぶり症候群~起業家あるある~

独立、起業

知ったかぶり症候群~起業家あるある~

知ったかぶり症候群

 

 

起業や独立をしていく先によくある

症候群のもう一つに、「知ったかぶり症候群

があります。今日はこの点について

少しブログを書きたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとイメージして欲しいんですけど、

あなたの周りにもこんな人っていませんか?

 

・「はいはい。あ~、知ってる知ってる」

・「ああ。それってあれでしょ?〇〇が▲▲なやつでしょ?」

・「Facebookはやっぱりブランディングが大事だよね~。」

 

 

みたいな感じな人達。

(これは僕自身の自戒の念も含めて)

 

 

今の日本はスマホが一人一台以上普及していて、

ちょっとスタバで注文を待っている時間。

電車を待っている朝の通勤時間や移動中。

連休中に何もやることがなくボーっとしている間でも。

すごく簡単に膨大な「情報量」にアクセスるすることが出来ますよね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんそれだけ沢山の情報にアクセスできるのは

良いのですが、その弊害として取捨選択が出来なくなったり、

自分の意見がなくなったりしてしまうケースもあるのですが。

 

 

今日の起業家あるあるとしては、「知ったかぶり」

何を知ったかぶるケースが多いかっていうと、

 

 

「ノウハウの知ったかぶり(ノウハウコレクター)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると厄介です^^; 僕も今時点で非常に多くの

インプットをしています。本も読むし人に話を聞いたり。

セミナーにいったりオンライン学習に取り組んだりしています。

 

 

ただ、人が成長していく過程に絶対必要な方程式があります。

それは・・・

 

 

「知る→わかる→できる→教える→分かち合う」

 

 

 

 

 

 

(アチーブメント様よりお借りしました)

 

 

 

人は知識欲が強い生き物です。なので、

知る」「学ぶ」ことはすごく好きなんですよね。

だから知ったかぶりの人が非常に多い。

こと起業や独立をする為に【まなび始めたて】の人に。

 

 

新しい情報を手に入れるとすごく学んだ気に

なりますよね。自分が詳しくなって、【出来るようになった気がする

ことってありませんか?

 

 

なのでちまたにはノウハウを教える本が沢山

売ってます。でもそれを読み込んで実際に活用し、

成果を出している人はあなたの周りにどれくらいいますか?

 

・「あ~それあの本で読んで知ってる。」

 

知って分かって【できる】までには必ず

【行動】が必要になります!!

行動を伴えば、必ずそこに【成果】が出てくるんですね。

 

 

僕自身も結構情報が煩雑になってしまうことが

多く、整理できてないまま新しい情報を入れてしまい、

行動できない、していないことって結構あります。

でも物事の本質はその「行動」からしか学べないんですよね。

 

 

人は「体験」「経験」を活かし学ぶかどうか。

(昨日の三木谷さんの記事の話ですね)

そこからどう行動を変え、望み通りの結果を得るか。

シンプルにその本質さえ理解をして、【知ったかぶり症候群】

を改善していきましょう(*^▽^*)

関連記事