MENU

BLOG

  1. HOME/
  2. コーチング・生き方 /
  3. コーチングのメリットはコーチ本人にあり!?

コーチング・生き方

コーチングのメリットはコーチ本人にあり!?

コーチングのメリットはコーチ本人にあり!?

コーチングのメリットはコーチ本人にあり!?

コーチングはクライアントの成功を

ゴールとしているわけなのですが、実の

所実際は「コーチ自身」にメリットが

あることが多いんです^^

 

今日は少しその部分をお伝えしたいなと

思うのですが、結構コーチをやっていて

良かったなと思うことが意外な部分であるんです。

 

1.コーチ自身の考えが整理される

実はコーチングセッションはクライアントの

課題を明確にしたり、思考の整理を質問によって

整理していくのですが、これが実際自分にも当てはめ

られるんですよね^^

 

コーチングをやりながら自分自身にも

その質問を投げかけたりするわけですね。

とくに、クライアントに対して「自己開示」をする

時、コーチ自身の考えを伝えるときが最も効果を感じます。

 

コーチ自身も自分が感じている事、

思っている事を口に出して伝えなければ

ならないので、考えなければならないんですよね。

 

そんな中で思考が整理されたり、自分の

感情や思いを伝えるプレゼンの練習になったりも。(笑)

とにかくそうしたアウトプットを出来ることが

最もコーチをしていて意外な副産物としてのメリットでした。

 

2.コミュニケーションの本質を知れる

ここはやはり切っても切れない

メリットの一つですよね^^

と言うかここが全てと言っても過言では

ないくらいだとは思います。

 

とかく人間関係、コミュニケーション

において「学んだり」「深めたり」する

機会はないのが事実。学校で学ぶ国語は

ただの勉強ですしね。(;^_^A

 

普段の会社員生活やプライベートでも、

相手の為」を思ってコミュニケーションを

図ることは皆無に等しいと思います。

 

それをクライアントとの思考や感情を

くみ取り、丁寧に言葉を選んでいくことが

出来るようになってくると、かなり深い部分まで

知ることが出来るようになります。

 

これが出来るようになってくると、通り

一辺倒の浅い薄いコミュニケーションを

取ることが嫌になってきます(笑)

 

まあそこはそこで僕自身のコミュニケーションの

幅が良い意味で狭くなってきているのかなとも

思いますが、とにかくまだまだ下手くそではあります。

 

でも実際に思う部分を相手に寄り添ったり、

自分本位じゃなく、相手が受け取れるような

コミュニケーションを意識してみたり。

楽じゃない事ばっかりです(汗)

 

それでもそうしたコミュニケーションの

本質を触れていけるようになると面白さが本当に

増します。とにかく面白い(笑) 出来ないことが

多すぎて笑っちゃいます(笑)

 

まあ本田圭佑的にいえば「伸びしろですね」(笑)

今日は二点だけ出しましたが、これ以外にも

メリットが沢山あるのですが、そこはまたの機会に^^

 

Only Go Forward

小松稔

関連記事